車を買い換える時、下取りってどうしてる?

FrontPage

私の人生は車との付き合い

私は若い頃、特別車が好きなわけではなく、高校を卒業した後、専門学校に通っていましたが、勉強についていけず、入学して一年もたたずに退学してしまいました。
その後暫くはアルバイトなどをしていましたが、もう少し沢山お金を稼ぎたいという思いから都会へ上京し、車の製造業の会社へ就職することになりました。
上京して間もない頃は仕事や人間関係に慣れることが出来ず、何度も帰ろうと思い、荷物をまとめたかわかりませんでした。
しかし、3年も過ぎるころには仕事も、人間関係にも余裕が出てきて、特に仕事では車関係の資格が欲しいと思うようになり、整備士の資格を取りました。
その後入社して六年も経つ頃には、もっと上の資格を持ちたいと思うようになり、ついに上級の整備資格を取るに至ったのでした。
画像の説明
それから暫くしてその資格を生かすチャンスが来て期間限定で自動車整備の仕事をすることになったのです。
それまでと種類は同じでも内容が全く違う仕事へのチャレンジは本当につらく過酷なものでした。
でも自分が選んだ第2の人生だと思い歯を食いしばっって頑張った結果、いつの間にか本当の整備士になっていたのでした。
そして、又工場へ戻り、製造の仕事を続けていると、又新たにできた最高峰の整備資格が行われることとなり、私も何とかして取りたいと思い、さらに勉強をつづけました。
その資格は流石に今までと違い難しく10回程落ちてやっと取る事ができました。
今では自動車整備しか自分に出来る仕事が無くなってしまうほどになってしまいました。
今思えば車の事には興味もなく、ただお金を稼ぐためだけに始めた車関係の仕事でしたが、長い年月の間で色々なつてや勉強によって、今の自分の環境が作り上げられていることに本当に感謝の念が湧いてきます。
これからも常に向上心を持って頑張っていきたいと思います。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional